« 有罪モラトリアム | Main | 時代の速度 »

2003.12.16

坂本真綾 / 少年アリス

[amazon]

まあ、これもamazonにリンク貼る必要はあまり無さそうな・・・アルバム4枚目です。

アニメの劇伴作曲家として有名な管野よう子と、声優と紹介されてる事が多いけれどもそれ以外のフィールドでの活動が殆どではなかろうか、の坂本真綾の組み合わせ。この微妙な立ち位置のおかげで、J-POP激戦区に飛び込む必要なく売れてしまう訳ですよ、逆に言えばそのせいで聴かない人も絶対いるでしょうが。

ベストの2枚目「ニコパチ」が個人的にはピンとこなかったので、買うか買うまいか結構悩んではいたのですが、通して何回か聴いた感想も、何とも微妙な作品だなぁ、と。前述の立ち位置も含め。

初期の作品は文句なしに好きなんですよね。素直な歌い方とプロフェッショナルな曲が見事にマッチしているのが多くて。でも最近は頑張って歌ってるけどなんちゃってR&Bな歌を聴いた時と同種の居心地の悪さを感じるボーカルが多いです。言い方回りくどすぎ<俺。

「ソラヲミロ」「スクラップ~別れの詩」などは、曲はすげぇ好みです。が、こういう曲はもっとドスの効いた声で聴きたいかなぁ、と感じてしまう訳で。真綾氏の声には、大袈裟に言うと業を感じないといいますか、そんな感じで。

後はですね、1曲目の「うちゅうひこうしのうた」が個人的に物凄い好きで。
音の数少なめ、ピアノと素直で透き通るボーカル、それを邪魔しない程度にわきまえたシンセの音。またこの打ち込み部分がファンタジックな歌詞と非常にマッチしていていい!のです。そんな感じで物凄い美しい曲だと、うっとりしながら俺は思う訳なんですが、これが1曲目なのが問題。
シンプルで綺麗な音を初っ端で聴かせるもんだから、後の楽器多めのトラックがなんかモコモコして聴こえてしまうし、ボーカルも一番魅力的な部分を最初に聴かせるもんだから(略)

・・・微妙だ。微妙だなぁ。

とりあえず、なんか売れてるみたいだけど、実際どうなの?と懐疑的に思っている方は、できるだけ静かな場所で1曲目に聴き入って頂きたく、俺は思います。
後は普通に完成度が高いですが、一見さんを魅き込むパンチには欠けるかなぁ・・・。5年後とかにどういう感じになってるか、ってのは楽しみではあるのですけど。


オマケ。これを聴いた後、手持ちのCDで聴き直したくなったのが何枚か。
・小谷美紗子「night」
・矢野顕子「LOVE IS HERE」
・The Beatles「1」
あと、持ってないけど鬼束ちひろを何故か聴いてみたくなった。一度もちゃんと聴いた事ないんですよ。

|

« 有罪モラトリアム | Main | 時代の速度 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 坂本真綾 / 少年アリス:

» うちゅうひこうしのうた… [SEA OF TRANQUILITY]
時々このサイトでもご紹介している、歌手にして声優でもある坂本真綾さんの最新オリジナル アルバム、「少年アリス」に収録されている楽曲です。 昨年12月から今年1... [Read More]

Tracked on 2004.03.31 10:49 PM

« 有罪モラトリアム | Main | 時代の速度 »